私たちについて about US


高松 巧 TAKUMI TAKAMATSU

・一日に

慢性的な症状は一日の積み重ねです。
肩こりや腰痛の大体の原因は背中(後ろ側)ではなく前側の筋肉に原因があります‼
下を向いていることが多ければ、前側の筋肉が縮こまってしまいます。

・一回空を

前側の筋肉が縮こまってしまうと、猫背や巻き肩などの姿勢になってしまいます。
そうならないために、空を、、、

・見上げよう‼

どうしても猫背や巻き肩になってしまうと、下を向きがちになってしまい悪循環です。
その悪循環を止めるためには、まずは姿勢から‼
胸を張って、空を一日に一回見上げて大きく深呼吸してみてください!
気分が落ち込んでいるときはなおさらです!
気分も上向きになると思うので、是非やってみてください!


初めまして。高松 巧【たかまつ たくみ】です。
先ほどの『一日一回空を見上げよう』は母校の校長先生の受け売りの言葉です!

一応五・七・五でやってみました(笑)
僕もその言葉を忘れずに一日一回空を見上げるようにしています。

僕は小学生から、高校まで12年間野球をしてきました。
そのうちに何回か肩やひじを痛め整骨院でお世話になったため、こういう職業に憧れ鍼灸師という道を選びました。

僕は患者様のつらい部分を聞き、どうしてそこが辛くなるのか、どのくらいでよくなるのかをなるべく的確にお伝えし、一日でも早く治るようやっていきたいと考えています。
患者様のニーズに応え、満足のいく治療をしていけるよう心がけていきたいと思いますので、

これからよろしくお願い致します。

 

好きな言葉

有言実行

 

好き・得意

 ラーメン 唐揚げ 

 チーズケーキ スポーツ観戦

 ゲーム・アニメ(最近は弱虫ペダルを観ています!)

 

映画「サマーウォーズ」

 

きらい・苦手

ウニ

アボカド

野球以外のスポーツ…(笑)

 

 


ひとり言


2019.12.02 横須賀のとある幼稚園に...

 

高松です。

急に寒くなってきて、冬っぽくなってきましたね‼

僕はこの前、横須賀のとある幼稚園がイルミネーションが綺麗だと聞き行ってきました!

なかなかしっかりしていて綺麗でした。

そして思ったことは、横浜より横須賀のほうがあったかい事...(笑) 

皆様外に出るときは暖かい恰好をしてお出かけください。

 

 

 

2019.11.11 皮膚の構造

 

こんにちは。

今回は皮膚の構造についてお話ししたいと思います。

まず皮膚には表皮、真皮、皮下組織の3構造で出来ています。

 まず、表皮とは皮膚の一番表面の部分のことで表皮の一番上にあるいらない細胞を【角質細胞】と呼び、その下に生きた細胞【表皮細胞】と分かれています。

次に真皮は表皮の下にあり、7割はコラーゲンが主成分で出来ておりゴムの様に弾力を持った繊維です。

画像に乗っている、繊維が組織というものは、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の3つを産生し、真皮の構造を作り上げる働きをする細胞です。

最後に皮下組織があり、真皮と骨や筋肉の間にある結合組織で汗腺や神経などが存在する。

 

 

2019.08.05 夏バテのときは...

 

最近、梅雨も明けて急に暑くなってきましたね。

熱中症や、夏バテで身体は思った以上に疲れていてダメージを受けているのかもしれません。

そんな時は、夏野菜や旬の果物を食べて夏を乗り切りましょう‼

 

ぼくはこの前タルトが有名なところのマスクメロンを使ったタルトケーキを食べました。

とても美味しかったです!

そのおかげか今年の夏は何とか乗り切れそうな気がします!(笑)

皆さんも熱中症などに気を付けて暑い夏を乗り越えましょう‼

 

2019.06.10 梅雨の時期ですね、、、

 

6月に入り雨が多くなってきました。

先週まで暑い日が続いていましたが、今日とかは冷え込みますね、、、。

人の身体は前日の気温との差で±7度の気温差があると、ストレスを感じるそうで、自律神経の乱れにもつながるそうです。

風邪などひかないよう気を付けないとですね‼

 

先日患者様に頂いた置物です。アジサイとカタツムリですね‼

雨が続き嫌な天候ですが、この置物を見てほっこりしています(笑)

ぼくは昨日中山の動物園に行ってきました。そこでアジサイとカタツムリを見つけたのですが写真を撮り忘れてしまいました、、、泣

また、見つけられたら今度こそ写真を撮ろうと思います!

 

2019.05.27 仙腸関節

 

初めまして。高松です。初投稿させていただきます!

 

今回は仙腸関節についてお話ししたいと思います。

仙腸関節とは、仙骨と寛骨【かんこつ】の間にある関節であり周囲の靭帯や筋肉によって固定力が強く、仙腸関節は2.3ミリしか動かない不動関節です。

 

歩く時でもその2.3ミリの動きは必要で、中腰姿勢や普段の日常生活での不用意な動きで、仙腸関節に負担がかかり動きが悪くなってしまいます。

 

そうなってしまうと、周りの靭帯や筋肉がかばってしまい関節痛や急性腰痛(ギックリ腰)を起こしたりするケースもあります。

急性腰痛も仙腸関節の動きを出すだけで改善されることもあります。

 

当院では、整体コースや鍼を用いた治療などもしていますので、症状に合った治療をさせて頂きますので、気になった方やその他の症状でお困りの方は是非当院にいらしてください。